本園の保育方針

 

どの子も育つ、育て方ひとつ


本年では「どの子も育つ、育て方ひとつ」の考え方のもと、下記保育方針を持って日々の保育にあたっております。


  • 1.子どもが健康、安全で、情緒の安定した生活ができる環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動できるようにする
  • 1.子どもが、ありのままを受け入れられ、個性を認め、一人一人を大切にする保育を行う
  • 1.家庭や地域社会との連携を図り、保護者の協力のもとに家庭養育の補完を行う


本園の取り組み

  • 子どもが、思いっきり体を動かせるよう安全で快適な環境を整える
  • 子どもが、わくわくする体験活動ができるよう、保育プログラムの工夫を図る
  • 子どもの主体的、自発的な取り組みに対して、認め、励ますことに努め、意欲、自尊心、自己肯定感を養う
  • 園舎・園庭・保育室の環境を整え、子どもたちが安全に生活できるよう努める
  • 園庭での様々な遊びをとおして、子どもの健康な体の育成に努める
  • 日常の遊び・諸行事における子どもたち同士の関わりをとおして、保育士が適切にかかわりながら、自己表現力・共感する心・自律力を育む
  • 健康な体の基礎のため、安全で栄養のバランスのよい、おいしい手作りの給食を提供する
  • 手作り給食は下記方針で提供する
    • 薄味を心がけます
    • 四季のうつりかわりが感じられる旬の素材を使います
    • 食品の持ち味を生かします
    • そしゃくを促す食材を提供します
    • 国産にこだわった安全な食材の使用を心がけます
  • 0歳から卒園までの一貫した音体指導をとおして、音楽に対する感性の育成と体力づくりの支援を行う
  • 音体指導において、より専門的技術を持つ専門講師を招へいし、意欲の向上を図る
  • 体育指導において、より専門的知識、経験をもつ専門講師を招へいし、基礎体力(筋力、持久力、敏捷性、柔軟性など)の向上を図る
  • 子どもの健康と成長に関して次の事項を実施する
    • 園医による定期健診(年2回)、歯科医による健診(年2回)、月1回の身体測定、検尿・ぎょう虫検査、毎朝の視診による健康状態の把握、歯磨き、手洗い、うがいの励行、園内での運動・遊具遊び
  • 園外活動(お散歩、芋ほり体験、遠足、老人会・町の行事等への参加)の中で、自然や地域の方々とのふれあいや体験をとおして、子どもの情操の育成に努める
  • 園だより・連絡帳等をとおして、保護者と子どもの成長過程を共有し、密接に連携をとりながら、子どもの健全な成長の支援を行う


 

« 2019 April »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

 

社会福祉法人
吉井保育園

〒868-0408
熊本県球磨郡あさぎり町免田東1941-1

電話:0966-45-4537
FAX:0966-45-4548

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 3

 

image