9月の給食便り

給食だより

お月見を楽しみましょう

 日本では旧暦の8月の15日の夜(新暦の9月中旬~10月上旬)を“十五夜”と呼び、月見だんごやススキ、サトイモなどを供えてお月見をする習慣があります。このころの月を「中秋の名月」と呼んで、昔から日本人は「いちばんきれいな月」として眺めてきました。子どもたちの「科学の眼」を育てるきっかけにもなりますね。



食欲はどうしてわくの?

 お腹がすくからです。
空腹感を感じる現象の裏には,身体の微妙な調節機構がはたらいています。脳の中の、
摂食中枢は食欲をわかせます。
血糖値(ブドウ糖の血中濃度)が下がると、キャッチして「食べたい」という感覚をもたらします。
満腹中枢は食欲をなくさせます
お腹がいっぱいのときや不快のときに、「食べたくない」という感覚をもたらします。
●満腹中枢を経由して「お腹がいっぱい」と感じるまでに、20~30分の時間がかかります。遊び食べをしていると、しょっちゅうたべるのはそのためです。



9月の献立

ちょびちょび食べて、別のことをする。
           ↓
十分にたべていないのに、遊んでいる間に満腹中枢がはたらく。
            ↓
満足に食べていないので、血糖値が下がり摂取中枢が「食べたい」信号をだす。
心(脳)が食欲に大きな影響を及ぼします。


1.食事は1日3回+1回のおやつ
 時間を決めて。ダラダラおやつは、食事のときに食欲が出ず、肥満にもつながってしまいます。
2. 手づくりの食事のよさを生かして
 食欲をそそります。
3. 加工食品はひかえめに
 旨味調味料が含まれていて味が濃く,高カロリーのものが多いです。旨味に慣れてしまうと、 野菜など素材の味を吟味できなくなります。
4. 栄養の「洪水」に気をつけて
 「栄養があるから」「これも食べなさい」
          ↓
 (もうお腹いっぱい、食べられないよ。)
5. 先走った「食べなさい」「おいしいわよ」の一方的な言葉がけの多さに気をつけて
 子ども自らが発信する食欲を大切に。いっしょに「おいしいネ」と共感しましょう。
6. 体を動かして、たくさん遊びましょう!
 心地よい食欲が生まれるもとです。



 

« 2019 June »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

 

社会福祉法人
吉井保育園

〒868-0408
熊本県球磨郡あさぎり町免田東1941-1

電話:0966-45-4537
FAX:0966-45-4548

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 1

 

image