1月の給食便り

食嗜好の形成

 はじめて固形食を口にする離乳期は、食べ物を口にするたびに新しい味に出会い、受け入れる体制が整ってきます。しかし、年齢が進むにつれてその許容範囲は狭まる傾向にあり、3歳くらいまでに、その子どもの基本的な味覚ができ上がるともいわれてます。したがって、離乳期に使った食品に偏りがあり、食体験が少なかった子どもは、幼児になって経験したことのない食べ物に出会うと、戸惑い、嫌がって、結果的には偏食に陥ってしまいます。つまり、味の体験不足が偏食の原因を引き起こしているというわけです。よって、乳児期からの食生活の積み重ねを通して、いろいろな味を体験させましょう。


だいこん

「大根食ったら菜っぱ干せ」だいこんの葉っぱのように普段は捨ててしまうものでも、いざというときに役に立つこと。ダイコンの葉っぱあビタミン類・カルシウムなどが豊富です。
「大根どきの医者いらず」ダイコンの収穫時には誰もが健康になり、医者に疎遠になるという意味。ダイコンはおなかの調子を整え、消化を良くしてくれます。


1月の献立

おかゆを食べて体調を整えましょう

年末年始は、ごちそうがたくさん。胃の調子を整えるためや厄除けのために、1月7日にはセリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロの七草を入れる「七草がゆ」を食べます。15日の「小正月」にも、おかゆをいただきます。このおかゆには、アズキを入れる地方が多いとされていて、「アズキがゆ」とも言われています。ぜんざいやおしるこのところもあるようです。



 

« 2019 October »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 

社会福祉法人
吉井保育園

〒868-0408
熊本県球磨郡あさぎり町免田東1941-1

電話:0966-45-4537
FAX:0966-45-4548

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 2

 

image