感染症情報

お知らせ_保護者の方へ

手足口病ヘルパンギーナが県内の広い範囲で流行しています。共に夏を中心として発生が見られる主に幼児において流行する急性ウィルス性感染症です。手足口病は、腸管で増えた病原ウィルスが全身に広がり、口の粘膜や手足に水ぼうそうのような発しんが現れる幼児期に多い病気です。

ヘルパンギーナは、38~40度の熱が出て、のどに小さな白い水疱や潰瘍(かいよう)ができる病気です。乳幼児に多くみられます。熱は1~2日で引き、水疱も数日で治るといわれています。患者のセキ、くしゃみによる飛沫(ひまつ)や便に含まれるウィルスによって広まります。治った後も2~4週間は便意ウィルスが残るため要注意です。

帰宅したら、すぐうがい食事前には手洗いを!「冷たいものや水分を取りすぎず、しっかりとした食事」を心がけましょう!



 

« 2019 April »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

 

社会福祉法人
吉井保育園

〒868-0408
熊本県球磨郡あさぎり町免田東1941-1

電話:0966-45-4537
FAX:0966-45-4548

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 3

 

image